ニコビットが大分で遺品整理や家財整理をさせて頂いた作業実績の一覧をご紹介しています

  • NICObit遺品整理・特殊清掃
  • メールはこちら

女性スタッフがメインだからこそ出来る、細やかな気配りと優しい作業の実績一覧です

大切な人を想って相談をしにきて下さる方の
ため、私達はなによりもそのお気持ちを
大事にし、柔軟な対応をさせて頂いております。
どこまでもご遺族様のそばに寄り添い、支え
ながら、一緒の目線で歩いていくような心の
こもった作業をしています。

遺品整理遺品整理ご希望のお部屋と現在お住いのご自宅、両方の不用品を買取査定いたします

間取り
3DK
作業時間
1日半
作業人数
5人

今回は、ご依頼者様のご実家の遺品整理作業でした。
ご両親の残された、思い入れのある家具や骨董品を、今現在、お客様がお住いのご自宅へ移送することをご希望でしたので、遺品整理作業後にスタッフ数名で、移送作業をさせていただきました。ご不用品の処分のみならず、ご希望であれば、残される大きな家具等は、ご希望の場所まで移送させていただきます!
また、現在お住いのご自宅にもご不用品がおありになり、買取をご希望でしたので、遺品整理現場から出てきた買取品と合わせて、こちらの方もお買取させていただいました。もちろん、両方の買取合計金額は作業代金から値引きさせていただいております!
このように、お客様からのご要望には臨機応変に対応させていただいておりますので、何なりとお申し付けくださいませ!

遺品整理故人様が残されたものを丁寧に確認することの大切さ

間取り
4DK
作業時間
2日
作業人数
4人

古い一軒家の遺品整理でした。お客様はお亡くなりになった家主様の姪子様。
お客様は、生前の家主様に大変可愛がられたそうで思い入れも強く、私どもスタッフと一緒に遺品整理現場にて、ご遺品の一つ一つをご確認くださいました。
故人様が書きためられたスケジュール帳のメモ欄には走り書きがぎっしり!その日食べたものや、日常生活のたわいのない事柄がページいっぱいに書かれてありました。それら数年分のスケジュール帳たちは、お客様がお持ち帰りになるとのこと。その後、整理作業が進み、その他にもお持ち帰りになられるものが、たくさん出てきました。数十着にものぼるたくさんの着物たち。大量の着物が出てきた場合、多くのお客様は「買取」のご依頼をされますが、今回は、お客様の故人様に対する思いがことのほかお強く、これらのお着物も全てお持ち帰りになられました。天国の故人様も、姪御様の思いに大変満足されているのでは・・・と勝手ながら思ってしまいました。
処分してしまうのは簡単なことですが、今一度立ち止まって、故人様が残されたものをじっくり確認する。とても大切な作業であることを再確認させられた現場でした。

女性ゴミ屋敷清掃片付けが苦手で困っている女性を救うのがNICObitの使命です!

間取り
1K
作業時間
約1日
作業人数
4名

今回のご依頼者様は、私生活が忙しくゴミ出しがおろそかになり気づけばベランダまで物が溢れ返ってしまった。数日後に退去を控えているけど、もうどうしていいかわからない。そんな女性のSOSをキャッチし遠路はるばる鹿児島県まで行ってまいりました!
お部屋の中にはお米や放置された野菜など食べ物が多く、おびただしい数のゴキブリの死骸や卵や壁一面にこびりついた糞・・・。ベランダに置いてあったコンテナを持ち上げると、蜘蛛の子を散らすように大量のゴキブリが逃げていく・・・。しかし、様々な現場をかいくぐってきた弊社の女性スタッフ達はまったく怯みません!慣れた手つきで各自持ち場につき作業を進め不用品を搬出し、あっという間にお部屋はピカピカ。
約束のお時間に帰ってこられたお客様、スッキリ片付いたお部屋を見て大変感動され最後にはうっすら涙を浮かべておられました。

ゴミ屋敷清掃宅食のお弁当であふれかえった室内

間取り
作業時間
1日半
作業人数
6名

今回は戸建てのお家の、数部屋のみの片づけを行ってきました!
このお宅に住んでいた方が認知症を患っていたそうで、冷蔵庫内やダイニングテーブル上や床、浴室やベッドの下など至る所にお弁当が散乱し、中身が腐りはて物凄い異臭を放っておりました。
宅食サービスでは容器を返却するのが原則ですので、容器の中身を出す⇒容器を洗う⇒容器を拭いて袋に詰める、と分担しながら作業を進めます。文字で書くと簡単単純な作業のように思えますが、実際は中身が液状化しフタが固まって開かなかったり、ハエの蛹がびっしりとこびりついた容器を洗うのは一苦労。しかもそれがなんと、約200個もあるのです!現場はさながら厨房の洗い場のようでした(笑)
今回はお客様のご予算上の関係で取り急ぎ匂いがひどい生ゴミやゴミが散乱したお部屋だけを片付けました。このようにご予算に合わせた提案をしておりますので、片付けたいけど予算が・・・とお悩みの方はぜひ一度ご相談ください。

遺品整理大事な金庫を回収

間取り
6LDK
作業時間
3日
作業人数
4名

のどかな郊外に建つ一戸建て大きなお庭付きの遺品整理でした。
事前に残して置いて欲しいものは、某高級掃除機の一点のみとお伺いしており、それ以外は全て処分して欲しいとのこと。通常運転で、作業もサクサク進み、無事に作業完了かと思いきや、ご依頼者様からのお電話に一同大慌て!
なんと金庫の中に土地の権利書など大事なものがたくさんあったのを思い出したとのこと。
しかし金庫は既に処分場に運ばれた後です。慌てて処分場に連絡し、金庫の処分をストップしてもらいすぐに金庫を奪還すべく処分場に向かいました。今回はギリギリセーフで間に合いましたが、これが数分遅れていたら・・・と思うとヒヤッとします。
お客様から事前にお伺いする残しておいて欲しいお品のご要望は、毎現場ごとにありますが、このようなケースは初めてでした。
どんなことが起こっても常にご要望にお答えできるように、気を引き締めておかなければ!と思わされる現場でした。

家財整理住み慣れた家との別れ

間取り
7DK以上
作業時間
4日間
作業人数
のべ18名

今回のご依頼は、他県に在住のご依頼者様が御高齢になったご両親を呼び寄せ、家を引き払うので空にしてほしいということでした。
作業期間中は近くにホテルに滞在し、御家族皆さんで毎日一緒に作業に加わって下さいました。
着慣れた服や使い慣れた物、すべてを引越し先に持っていきたい気持ちは山々だけどそれは不可能なので、選別に選別を重ね4~5箱にまとめ後ほど弊社よりお送りさせていただきました。
残念ながらご不要となってしまった長年の思い出の品々がパッカー車に巻き込まれていく様子を眺めていたご依頼者様。うっすら目に涙を浮かべ「両親にはとてもじゃないけど見せられない光景だよね」と寂しげに仰られていた姿が、とても印象的でした。
7DK以上ある大きなお宅でしたが、全員で作業分担しながらキビキビと片付けていき予定していた日数で作業は完了し、お客様に見送られながら現場を後にしました。

脱臭・除菌佐賀県まで喫煙ルームのタバコ臭を完全除去しに行って参りました!

間取り
1R
作業時間
1日半
作業人数
3名

佐賀県の某施設の喫煙ルームのタバコ臭を完全消臭しに行って参りました。
壁、床、窓、天井・・・お部屋の中の一つ一つの備品(ポットや戸棚、椅子やテーブルなど)をくまなく特殊洗浄液で磨き上げます。特に、喫煙ルームの一角の換気扇周辺はタバコ臭やヤニ汚れが頑固にこびりついておりましたので、何度も繰り返し特殊洗浄液と特殊機材で汚れを浮き上がらせ除去します。
臭いの原因を一つ残らず除去、その後、オゾンショックトリートメント法®による除菌脱臭をして完全消臭の完了です。お客様に最終チェックを行っていただき、無事納品して参りました。

特殊清掃宮崎県へ出張特殊清掃!死後半年

間取り
4LDK
作業時間
2日
作業人数
5名

大分県外でもお困りであればすぐに駆けつけます!
今回は、死後半年の現場の特殊清掃でした。
一軒家のお宅で、今後は誰かに貸すご予定もなく、平地にするかもしれないとのこと。
『汚染箇所の消臭・除菌』
『今後、人が住む予定がないので家財整理をして最低限のクリーニング』
以上がお客様のご要望でした。
まずは防護服を着用してお家の中全体に消毒液を噴霧、その後汚染箇所の確認です。死後半年で畳の上でお亡くなりになっていましたので、汚染箇所の体液等はほぼ土に還っている状態でした。畳の上の汚染物を除去し特殊密閉袋に封じ込めます。汚染箇所の畳を撤去し建物がどこまで体液で汚染されているか確認しながら徹底的に消毒・除菌・消臭。
その後、遺品整理をし、お客様のご要望りの仕上がりとなりました。

遺品整理開かずの屋根裏からは数十万相当の記念硬貨が・・・

間取り
5DK
作業時間
3日
作業人数
のべ18名

大分市郊外に佇む、築100年を超える歴史あるお宅の遺品整理のご依頼。
事前見積もりにお伺いする際に、開かずの屋根裏があるから先に見ておきたいとのお申し出がありましたので脚立を持参し、いざ屋根裏へ。するとそこには長持がいくつもあり、中からは数十万相当の記念硬貨が出てきました。これに驚かれたお客様、家の中からも貴重なものが出てくるかもしれない、と弊社へのご依頼を即決していただけました。

こちらにお住まいだったご依頼者様のお父様は、骨董・美術品や切手、模造の刀や槍などの収集がお好きだったらしく、6畳の床の間が一部屋埋まってしまう程の買取品が出てきました。価値のある物も多数あるということでしたので、専門の業者に出張査定をお願いし査定金額を作業代金からお値引きさせていただきました。
このお宅は駐車スペースから住居の敷地まで、曲がりくねった石段が150M程続いており、ご不用品はもちろん、沢山の買取品や撤去した畳、家電の搬出にはかなりの苦労を強いられ、いつもはパワフルな女性スタッフ達も流石にヘトヘトでした。
また作業日初日には、ご依頼者様ご協力のもと、地元のTV局が作業風景の撮影に来たりと、いつもとは雰囲気の違う現場でした。

遺品整理家の中がスッキリ片付き、広くなった反面寂しさでいっぱいです。

間取り
5DK
作業時間
3日間
作業人数
のべ12名

今回遺品整理作業をさせていただいたのは、閑静な城下町に佇む2階建て5DKのお宅でした。
金庫の鍵と暗証番号がまだ見つかっていない、とのことで細かく捜索しながらの作業となりました。1日目の作業で無事見つかり、お客様も大喜びでした。見つからない時は業者を呼び開けてもらう手筈にしていたようで、お客様の負担を減らすことができてホッと一安心です。
ご自宅内から出てきたアルバムや写真・日記など思い出の品はすべて、ご遺族様が一度目を通して残すか処分するかの判断をしたいとのことでしたので、簡易清掃後、部屋の隅に一目でわかるよう種類ごとに整理して残し、現場を後にしました。

  • 戸建て住宅の遺品整理
  • マンション・アパートの遺品整理
  • 自殺を考えている方へ
  • 孤独死を発見された方へ(特殊清掃ページ)
  • 生前整理を考えている方へ
  • 行政・裁判所の方へ
  • 成年後見人の方へ
  • 故人が生活保護を受けていた方へ
  • 施設・不動産関係者の方へ
メールはコチラ
TOPへ戻る