大分で遺品整理をするNICObitは地域密着の専門企業です。故人様の思い出も貴重品も私達が見つけ出します。

  • NICObit遺品整理・特殊清掃
  • メールはこちら

大分で女性スタッフ中心のチームで遺品整理を行うニコビットはご遺族様に寄り添って心の整理まで分かち合います

大切な人を想って相談をしにきて下さる方の
ため、私達はなによりもそのお気持ちを
大事にし、柔軟な対応をさせて頂いております。
どこまでもご遺族様のそばに寄り添い、支え
ながら、一緒の目線で歩いていくような心の
こもった作業をしています。

遺品整理DIY満載のご自宅

間取り
2DK+倉庫
作業時間
1日
作業人数
6人

賃貸物件の遺品整理でした。
故人様は、手先が器用でらしたのか、部屋中いたるところに自作の棚や柱を作成されていらっしゃいました。
お庭には、鉄の柵を、コンクリートを流し込んで固められ、自作の塀を作られておりました。
賃貸物件ですので、オーナー様に元あったように返すべく、これらのDIY作品は全て撤去しなければなりません。
弊社は女性だけのスタッフですが、力仕事もなんのそのです。スタッフ6人がかりでコンクリートをハンマーで粉砕し、固められた鉄の柵をなぎ倒しました!
4月初旬でしたが、汗だくでの作業でした。

遺品整理こんなことなら早く頼めば良かった、とお客様

間取り
6DK
作業時間
3日間
作業人数
延べ18名

広島県在住のお客様からのご依頼でした。
故人様と近しい御関係だったお客様、想い出がたくさん詰まったこのお宅をリフォームして住まわれるとのこと。
最近買い替えたばかりという冷蔵庫等の家電一式や、味のある素敵な和箪笥、故人様の趣味の一つであったステンドグラスの衝立や壁の飾りは残したまま、整理作業を行いました。
お客様も以前から何度か広島県から戻ってきては整理をされていたそうですが、6部屋もある大きなお宅だった上、故人様は大変多趣味だったようで、お茶やお花、料理に裁縫、ゴルフ、ステンドグラスと趣味に関わる物がたくさんありましたので、少しずつ作業を進めても到底終わらなかったでしょう。お客様も作業の様子を見て『一日でもうこんなに片付いたの?こんなことなら早く頼めば良かったわ~』と仰られていました。
このように、ご遺族様が遺品整理をしようと手をつけた物のどうしようもなくなり最終的に遺品整理会社に依頼する、というケースは少なくありません。出来ればお金をかけずに整理したい、というお気持ちもあるでしょうが結果として時間もお金もかかってしまう場合もございます。弊社では無料見積りや金額を抑えるご提案もしておりますので、是非一度ご相談ください。

遺品整理故人様の元奥様からのご依頼でした

間取り
3LDK
作業時間
2日
作業人数
5人

今回は、故人様の元奥様からのご依頼でした。
故人様は、まだまだ働き盛りのバリバリの会社員で、お亡くなりになるにはまだ若すぎるご年齢でした。お子様達もいらっしゃり、ご依頼主である元奥様と一緒に生活されているとのことでした。
遺品整理作業当日、現場に立ち会われたお客様は今後の生活のことなどでお困りのようで大変憔悴しきっておられました。
お客様に少しでも早く安堵していただくために、早速作業を開始します。故人様のお部屋の中からは、大切に保管されていた結婚指輪、現金や貴金属、印鑑、鍵、通帳、様々な金融商品に関する重要書類などが出てきました。
作業終了後、お客様にそれらをお渡しできる頃には、お客様の声もだいぶ元気になられていました。
近しい方の思いもよらぬ突然の死には、周辺の方達が、今後の金銭面も含めて戸惑うものです。特にショックで情緒不安定になっている中では、探したいものも見つかりません。私たちプロに早急にご依頼いただくことで、今後の人生設計の立て直しもスムーズにいきます。

遺品整理遺品整理ご希望のお部屋と現在お住いのご自宅、両方の不用品を買取査定いたします

間取り
3DK
作業時間
1日半
作業人数
5人

今回は、ご依頼者様のご実家の遺品整理作業でした。
ご両親の残された、思い入れのある家具や骨董品を、今現在、お客様がお住いのご自宅へ移送することをご希望でしたので、遺品整理作業後にスタッフ数名で、移送作業をさせていただきました。ご不用品の処分のみならず、ご希望であれば、残される大きな家具等は、ご希望の場所まで移送させていただきます!
また、現在お住いのご自宅にもご不用品がおありになり、買取をご希望でしたので、遺品整理現場から出てきた買取品と合わせて、こちらの方もお買取させていただいました。もちろん、両方の買取合計金額は作業代金から値引きさせていただいております!
このように、お客様からのご要望には臨機応変に対応させていただいておりますので、何なりとお申し付けくださいませ!

遺品整理故人様が残されたものを丁寧に確認することの大切さ

間取り
4DK
作業時間
2日
作業人数
4人

古い一軒家の遺品整理でした。お客様はお亡くなりになった家主様の姪子様。
お客様は、生前の家主様に大変可愛がられたそうで思い入れも強く、私どもスタッフと一緒に遺品整理現場にて、ご遺品の一つ一つをご確認くださいました。
故人様が書きためられたスケジュール帳のメモ欄には走り書きがぎっしり!その日食べたものや、日常生活のたわいのない事柄がページいっぱいに書かれてありました。それら数年分のスケジュール帳たちは、お客様がお持ち帰りになるとのこと。その後、整理作業が進み、その他にもお持ち帰りになられるものが、たくさん出てきました。数十着にものぼるたくさんの着物たち。大量の着物が出てきた場合、多くのお客様は「買取」のご依頼をされますが、今回は、お客様の故人様に対する思いがことのほかお強く、これらのお着物も全てお持ち帰りになられました。天国の故人様も、姪御様の思いに大変満足されているのでは・・・と勝手ながら思ってしまいました。
処分してしまうのは簡単なことですが、今一度立ち止まって、故人様が残されたものをじっくり確認する。とても大切な作業であることを再確認させられた現場でした。

遺品整理大事な金庫を回収

間取り
6LDK
作業時間
3日
作業人数
4名

のどかな郊外に建つ一戸建て大きなお庭付きの遺品整理でした。
事前に残して置いて欲しいものは、某高級掃除機の一点のみとお伺いしており、それ以外は全て処分して欲しいとのこと。通常運転で、作業もサクサク進み、無事に作業完了かと思いきや、ご依頼者様からのお電話に一同大慌て!
なんと金庫の中に土地の権利書など大事なものがたくさんあったのを思い出したとのこと。
しかし金庫は既に処分場に運ばれた後です。慌てて処分場に連絡し、金庫の処分をストップしてもらいすぐに金庫を奪還すべく処分場に向かいました。今回はギリギリセーフで間に合いましたが、これが数分遅れていたら・・・と思うとヒヤッとします。
お客様から事前にお伺いする残しておいて欲しいお品のご要望は、毎現場ごとにありますが、このようなケースは初めてでした。
どんなことが起こっても常にご要望にお答えできるように、気を引き締めておかなければ!と思わされる現場でした。

遺品整理開かずの屋根裏からは数十万相当の記念硬貨が・・・

間取り
5DK
作業時間
3日
作業人数
のべ18名

大分市郊外に佇む、築100年を超える歴史あるお宅の遺品整理のご依頼。
事前見積もりにお伺いする際に、開かずの屋根裏があるから先に見ておきたいとのお申し出がありましたので脚立を持参し、いざ屋根裏へ。するとそこには長持がいくつもあり、中からは数十万相当の記念硬貨が出てきました。これに驚かれたお客様、家の中からも貴重なものが出てくるかもしれない、と弊社へのご依頼を即決していただけました。

こちらにお住まいだったご依頼者様のお父様は、骨董・美術品や切手、模造の刀や槍などの収集がお好きだったらしく、6畳の床の間が一部屋埋まってしまう程の買取品が出てきました。価値のある物も多数あるということでしたので、専門の業者に出張査定をお願いし査定金額を作業代金からお値引きさせていただきました。
このお宅は駐車スペースから住居の敷地まで、曲がりくねった石段が150M程続いており、ご不用品はもちろん、沢山の買取品や撤去した畳、家電の搬出にはかなりの苦労を強いられ、いつもはパワフルな女性スタッフ達も流石にヘトヘトでした。
また作業日初日には、ご依頼者様ご協力のもと、地元のTV局が作業風景の撮影に来たりと、いつもとは雰囲気の違う現場でした。

遺品整理家の中がスッキリ片付き、広くなった反面寂しさでいっぱいです。

間取り
5DK
作業時間
3日間
作業人数
のべ12名

今回遺品整理作業をさせていただいたのは、閑静な城下町に佇む2階建て5DKのお宅でした。
金庫の鍵と暗証番号がまだ見つかっていない、とのことで細かく捜索しながらの作業となりました。1日目の作業で無事見つかり、お客様も大喜びでした。見つからない時は業者を呼び開けてもらう手筈にしていたようで、お客様の負担を減らすことができてホッと一安心です。
ご自宅内から出てきたアルバムや写真・日記など思い出の品はすべて、ご遺族様が一度目を通して残すか処分するかの判断をしたいとのことでしたので、簡易清掃後、部屋の隅に一目でわかるよう種類ごとに整理して残し、現場を後にしました。

遺品整理当日の追加注文にも対応いたします

間取り
4DK
作業時間
2日
作業人数
5名

平屋の一軒家での遺品整理作業でした。お庭周りの片付け、倉庫の片付けも含みます。
お家の中は、故人様が大切にされていたものばかり。お洋服が大好きだったようで、たくさんの衣装ケース各お部屋に山積みされていました。
二階には、開かずの金庫が!お客様曰く、鍵ないし番号もわからないとのこと。真っ先にスタッフ全員で、金庫の鍵と番号が書かれた紙を片付けながら捜索します。怪しいと睨んでいた仏間からは出てこず・・・。仏間の隣のお部屋の押入れの中のタンスから鍵と番号をメモした紙が出てきました。
早速、遠方にいらっしゃるお客様に電話報告、金庫を解錠する許可を得て、スタッフ全員立会いの元、金庫の中を確認いたしました。中には、貴金属や保険証券などの大切なお品が続々と!金庫の中身をお仕えするためにお客様に再度ご連絡します。電話の向こうからは、お客様の安堵した様子が伺えます。
このような時が、私どもスタッフがやりがいを感じる瞬間です。
その後、お客様からの当日追加注文で、庭の倉庫の撤去がございました。かなり大掛かりな倉庫でしたので、追加のゴミ処理費用が発生する旨をご了解していただき、スタッフ総出でなんとか取り壊しました。終了予定時刻よりもかなり遅れての作業終了でした。

遺品整理お客様の様々なご要望にお応えする。それがNICObitです。

間取り
4DK
作業時間
2日半
作業人数
のべ12名

今回のご依頼は、大分市内にある2階建てのお宅の遺品整理でした。
遺品整理後こちらのお宅はご依頼者様のお子様夫婦が住まわれるということで、残しておくべき家具や家電製品も多く、初日のミーティングではスタッフ全員で入念な打ち合わせを行ってから作業を開始。間違いのないように、紙でリストを作っておきいつでも見れるようにすることも忘れません。
故人様は晩年少々痴呆を患っていたそうで、片付けを進めていくと引き出しや段ボールの中など至る所に小銭を仕舞っていましたので、慎重に見ていく必要がありました。
またお庭周りには倉庫や自作の物置棚が複数あり外を片付けるだけで結構な時間を要しましたが、予定していた3日間のスケジュールの、半日を残しての作業終了となりました。

  • 戸建て住宅の遺品整理
  • マンション・アパートの遺品整理
  • 自殺を考えている方へ
  • 孤独死を発見された方へ(特殊清掃ページ)
  • 生前整理を考えている方へ
  • 行政・裁判所の方へ
  • 成年後見人の方へ
  • 故人が生活保護を受けていた方へ
  • 施設・不動産関係者の方へ
メールはコチラ
TOPへ戻る