ニコビットが大分で遺品整理や家財整理をさせて頂いた作業実績の一覧をご紹介しています

  • NICObit遺品整理・特殊清掃
  • メールはこちら

女性スタッフがメインだからこそ出来る、細やかな気配りと優しい作業の実績一覧です

大切な人を想って相談をしにきて下さる方の
ため、私達はなによりもそのお気持ちを
大事にし、柔軟な対応をさせて頂いております。
どこまでもご遺族様のそばに寄り添い、支え
ながら、一緒の目線で歩いていくような心の
こもった作業をしています。

家財整理チームワークの良さを再認識(*^^*)

間取り
6DK
作業時間
4日間
作業人数
延べ20名

今回の案件は大分市で戸建て住宅の家財整理作業です。
この度、県外から片付けにいらしたご依頼者様。作業期間中はずっとお立合い頂いたおかげで選別のご確認もとてもスムーズでした。遠くに住むご姉弟と、お電話でやり取りをしながら選別されることも。床の間に飾られていた焼き物は大きすぎて配送することができず止むなく断念・・・。弊社でしっかりお買取させていただきました!
お母様は書道を教えていらしたそうで、玄関先には大きな額に入った作品が飾られておりました。他にも多数の作品があり、それらはご近所の方や公民館に寄贈されておりました。
また、以前大きな台風の際に庭の細く背の高い木が道路側に倒れてしまったそうで、空き家期間中に同じことが起こらぬよう、木の伐採作業のご依頼も。元塗装職人の最年少スタッフがヘルメットと安全ベルト装備の上、軽々と木に登り作業開始。木のすぐそばに電線が通っていた為、皆で声を掛け合いながら伐採した木が電線に接触してしまわぬよう細心の注意を払い、何事もなく無事作業完了。NICObitのチームワークの良さを再認識しました(*^^*)
お客様には作業中毎日お飲み物とお菓子の差し入れを頂きました。本当にどうもありがとうございました!

特殊清掃過去にも孤独死が発生した賃貸物件の消臭作業

間取り
1K
作業時間
6日間
作業人数
延べ10人

今回はお世話になっている不動産会社様からのご依頼で、大分市中心地のマンションの一室の特殊清掃です。
こちらはなんと、数年前に弊社が施工をさせていただいた物件でした。数年の間に2回も孤独死が起きるとは管理会社様もさぞかし気に病まれていることでしょう。階段や通路の共有部にも匂いが漏れているとのことで、すぐさま施工に入りました。のちに発覚したことですが、玄関扉のドアスコープが外れていたことによりその穴から匂いが外に漏れていたようです。
その上、故人様は玄関で亡くなり体液が大量に流れ出ており現場はかなり酷い状況でした。今回は、体液が染みたものを除去し特殊な洗剤で汚染箇所を洗浄する初期対応の「悩むなパック」と遺品整理を同時進行しました。休憩時間を活用してオゾンショックトリートメント法®で荒消臭することにより、共有部の匂いトラブルも即解消でき納期を短くすることもできて一石二鳥です。
その後はいつも通り、汚染箇所の内装解体、部屋全体のクリーニング、オゾンショックトリートメント法®による除菌脱臭、仕上げに特殊コーティングをし作業完了です。

特殊清掃連日の猛暑でかなり腐敗が進んでいました

間取り
2LDK
作業時間
四日程
作業人数
八名程

八月某日、今回は豊後大野市での特殊清掃でした。

連日の猛暑もありかなり腐敗が進んでいたようで、リビングから廊下まで広範囲に体液汚れが広がっていました。
リビングで使用していたであろうソファは体液がすごく染み込んで重たくなっており二人がかりでひっくり返すのがやっとでした。
ストレッチフィルムでソファ全体を何重にも巻きそして両端からゴミ袋を被せ体液が流れ出ないように処置しました。
腐敗具合やその時の状況や物によって処置の仕方が変わってくるのです。

後日遺品整理をし、体液が染み込んでいる床部分、壁、建具等を解体し床部分には特殊なコーティング塗料を塗り、臭いを遮断しました。

故人様は生前とても丁寧に暮らしていらっしゃったのか、物自体もあまり多くなく順調に作業は完了しました。

特殊清掃可能な限り費用を抑えた施工をご提案致します

間取り
2K
作業時間
4日間
作業人数
延べ9人

いつもお世話になっている不動産会社様からのご依頼で、大分市内の賃貸物件で発生した孤独死現場の完全消臭作業を行ってきました。
お部屋に入ってまず驚いたのは、リビングの一角に飾られた仏像や額縁の数々。信仰深い方だったのか若しくは単純に仏像がお好きだったのか定かではありませんが、その数20以上。中にはご自身で彫られた木彫りの仏像の板もありました。そんなお部屋の中で孤独死されるとは何とも言い難いものです・・・。
遺品整理搬出後は内装解体、消臭作業に移ります。壁中のクロスや襖など紙製品は一番匂いがつく箇所なので全撤去します。またクッションフロアも同様に匂いがつきやすいので撤去しました。故人様が倒れていた箇所である押入れに多少の体液染みがありましたが、出来るだけ費用を抑えてほしいとオーナー様からのご所望により、こちらはクリーニングとオゾンショックトリートメント法®による除菌脱臭、最後に特殊なコーティング剤で匂いを完封することで仕上げました。

家財整理部屋がなくなってしもうた・・・と切ない呟き

間取り
5DK
作業時間
3日間
作業人数
延べ12名

今回のご依頼はお父様が施設に入所されるためにお住まいを片付ける、生前整理案件です。
整理後は家を解体されるそうで、木製品は残しておけたのでこれによりスタッフの負担がかなり軽減されました(*^^*)
お部屋の壁にお孫さんの写真を貼っていたり応接室にたくさんのアルバムがあったりと、とても思い出を大切にされていたご家庭。昔飼っていたであろうワンちゃんの写真をまとめてアルバムもありホッコリしました。お父様は文章を書かれるのが好きだったようで、書斎には大量の原稿用紙や自費出版した小説などもありました。
整理作業終盤に、お父様がご家族と一緒に必要なもの不要なものの選別に来られました。お部屋の中は搬出前の袋が積み重なっていたのですが、その様子を見て「あーあ、部屋がなくなってしもうた・・・」と呟いておられたそうです・・・。
家の中には未使用の贈答品の食器や寝具がたくさんありましたので、買取やリユースという形で引き取らせていただきました。お家を片付けていると毎回出てくるものですが、もったいないからと使わず眠らせておくといざ使おうとしたらシミやカビが酷く使えない、ということもありますので、どのご家庭でも贈答品はためらわずどんどん使っていただきたいものですね(*^^*)

特殊清掃特殊清掃と遺品整理の同時進行

間取り
3DK
作業時間
二日
作業人数
六名程

この日は特殊清掃と並行しながら遺品整理も行うというスケジュールでした。
故人様はトイレでお亡くなりになっていたみたいで、今年の夏は例年を遥かに上回るほどの猛暑ということもありかなり腐敗が進んでいて、トイレだけではなく渡り廊下にまで体液が滲み出ていました。
トイレの中は狭く一人しか入れなかったので廊下とトイレで分かれ二人で特殊清掃をしました。
その間、他の部屋を三名ほどで遺品整理をし、物もあまりなかったのもありスムーズに作業は終わりました。

ありえないぐらいの暑さにも負けないようにNICObit一同は日々頑張っております。

遺品整理費用が掛かるからと躊躇されている方もご相談ください!

間取り
3DK
作業時間
2日間
作業人数
延べ10人

大分市の賃貸物件の遺品整理を行ってきました。ご依頼者様である息子さんは県外在住で、こちらにはお母様が一人で住まわれていたそうです。何十年も住んでいたというお家の中はかなり年季が入っており、またお買い物が好きな方だったようで物も量も半端ではなく、県外から来てとても一人で片付け終えれる量ではないと思い、今回弊社にご依頼下さったそうです。
物件をお返しするまでの日数があまりなかったこともあり、普段より多めの人数で作業開始。するとみるみるうちに家の中や外は梱包した袋でいっぱいに。この作業スピードにはお客様も驚かれておりました。しかし弊社は単にスピードを重視するだけでなく、見つけるものもしっかり見つけます!数回しか履いてないであろう綺麗な靴や買ってそのままの台所用品、居間に無造作に散らばった貴金属等、少しでもお客様の費用負担を減らせるよう買い取れるものを回収していきます。結果、作業代金をはるかに上回る金額をお返しすることができ、お客様も大喜びでした。

特殊清掃近隣住民へのフォローも欠かせません

間取り
3LDK
作業時間
5日間
作業人数
延べ10人

世間ではお盆休みに差し掛かっていた8月中旬、別府市のとある分譲マンションの一室で特殊清掃を行いました。
発見が早かったのか若しくは冷房が効いていたのか、体液汚れや死臭はそこまで酷くありませんでした。
しかし孤独死が発生したという事情を知っている隣人の方がとても気に病まれていて気持ちが落ち着かないので一日も早く施工を終わらせてほしい、と強く訴えられていたそうです。施工当日にはインターフォン越しに現場内の状況や施工内容をお伝えしました。このような近隣の方へのフォローも大事な作業の一つです。
作業後、ご依頼者様から大変お世話になりましたと、ジュースの詰め合わせセットを頂きました。
例年にも増して暑い夏でしたが、お客様の心のこもった御礼の品により気分爽快で一現場終えることができました。

ゴミ屋敷清掃ごみの山の中にうごめくもの、、、

間取り
3LDK
作業時間
二日
作業人数
六名程

7月某日、今回はゴミ屋敷清掃でお隣宮崎県まで行って来ました。
現場はメゾネットタイプのアパートと聞いていたので玄関を開ければすぐ階段というのを想像していたのですが、そこは想像を絶する量の郵便物や生活ごみ、衣類、その他諸々のごみで踏み固められており、階段だと思われる場所が滑り台のようにスロープ状になっておりました(^.^)/
とても上がれる状態ではないのでまずは階段からゴミを梱包し始め、3.4時間後にようやく上まで上がれる状態になりました。
と思ったのもつかの間、上の部屋も階段同様ごみで地面が見えていなく、更になんとこのゴミのなかにとてもとても可愛らしいわんちゃんが二匹も、、、

これを書いている筆者は圧倒的に犬派なのですがこんな現状を目の当たりにすると、どこにも当たりようのない怒りが湧くと同時にすごく心が痛く悲しくなります。
なにかを境にこうなってしまったのか最初からこうだったのかはわかりませんが、犬に限らずペットというものはなにをされてもいつまでも飼い主さんのことが大好きだということをわかっていてほしいと思います。
今はSNS等便利なものがあるのでこんな飼育放棄状態になってしまうぐらいなら里親に出すなど手段は色々あります。

ごみのなかで生活していたわんちゃんは、毛は伸びきってもつれ足元も糞尿にまみれとても見ていられないような状態でした。
清掃も無事に終わり、色々考えた結果、二匹のうちの一匹だけNICObitで引き取ることになり後日社長の知人のとてもいいご家族に無事飼われることとなりました(^-^)

こんな悲しいことは無いに越したことはありませんが、こういった状況にも対応できるようNICObitは日々最善を尽くし頑張っております!!!

ゴミ屋敷清掃久々に壁と床を目にしました!とお客様

間取り
作業時間
2日間
作業人数
延べ13人

今回のご依頼は、分譲マンションのお宅の一部屋がゴミ部屋になっており部屋に入ることすらできないので片付けてほしいというものでした。
現場に到着すると、片付けるお部屋の扉が小さく切り取られておりました。扉の開け閉めができなくなってからは、そこから出入りしていたそうです。作業後にはもちろん扉も交換されるとのことでしたので、お客様に許可を頂きもう一回り大きく切り取って、部屋の外からと中からとで梱包を進めていきました。主に新聞紙や広告、書類などの紙ゴミが多く踏み固められており、扉が開いたのは作業開始から数時間経ってからでした(汗)
ゴミ屋敷にはよくあることですが、ゴミにまぎれて小銭や紙幣が大量に出てくるので、作業スピードもなかなか上がりません。お客様のご都合により13時から開始したこともあって、梱包が全て終わったのは21時を回った頃でした。
翌日には搬出し簡易清掃をしてお部屋は見違えるようにスッキリとなり、仕上がりを見たお客様も「短時間でこんなに片付くものなんですね。久々に壁と床を目にしました!」と大変喜ばれておりました。

  • 戸建て住宅の遺品整理
  • マンション・アパートの遺品整理
  • 自殺を考えている方へ
  • 孤独死を発見された方へ(特殊清掃ページ)
  • 生前整理を考えている方へ
  • 行政・裁判所の方へ
  • 成年後見人の方へ
  • 故人が生活保護を受けていた方へ
  • 施設・不動産関係者の方へ
メールはコチラ
TOPへ戻る